ジロリアン魂



社保審の議論、「うやむやではいけない」―齋藤部会長(医療介護CBニュース)

 社会保障審議会の医療部会と医療保険部会は昨年12月、「救急、産科、小児、外科等の医療の再建」などを重点課題に掲げた来年度の診療報酬改定の基本方針を取りまとめた。医療部会の齋藤英彦部会長(名古屋セントラル病院長)は12月3日の会合で、2つの部会による基本方針について、「違うところがあってもいいと思う」と厚生労働省側に提案していたが、最終的には過去2回と同様、両部会で同じ内容の基本方針になった。方針の取りまとめを終えて齋藤部会長は、診療報酬改定をめぐる社保審での議論について「今までのようにうやむやではいけない」と感じている。

-齋藤部会長は昨年12月3日の医療部会で、「(2つの部会の)基本方針に違うところがあってもいいと思う」と厚労省へ提案されましたが、結果的には両部会で同じ基本方針を取りまとめました。この基本方針をどう評価されますか。

 わたしとしては医療部会の要望をかなり取り入れたつもりです。
 そもそも医療部会の役割は、医療提供体制をどうすべきかを話し合うことです。当然、現状では医療費全体の底上げをしないと医療崩壊が止まらないという立場でしょう。一方の医療保険部会では、医療保険制度のことを話し合います。保険者の関係者が多いので、日本の経済全体が厳しい中で医療保険制度が破たんしないよう診療報酬の配分見直しで対応すべきだという考え方がより強くなる。それぞれの立場が違うので、基本方針を一つにまとめるのは困難だと言えます。

 ましてや、医療現場も保険財政も今まで以上に大変な状況です。社保審では今まで、医療部会と医療保険部会とで診療報酬をめぐり意見が対立しても、議論が途中でうやむやになっていたように思います。しかし、もううやむやにはできないと思いました。医療はそれほどに危機的な状況になっていると感じているからです。ところが、厚労省は「(基本方針を)どうしても1本にまとめてくれ」というので、可能な限り医療部会としての意見も取り入れてもらい、最終的な形に落ち着いたのです。

-昨年には、部会の開催頻度なども含め医療部会自体の在り方について、委員から意見が上がっていました。

 診療報酬改定は原則2年に1回で、改定直後には医療部会ではあまり議論してきませんでした。今回は当初、2008年度に実施した前回の診療報酬改定のときと比べて2か月早い、昨年7月から議論を始めました。時間を有効に使い、もっと議論するつもりだったのですが、政権交代後に2か月ほど議論がストップし、基本方針の取りまとめは結果的に今までよりもずれ込みました。

-今年度の医療部会の開催は4回で、08年度の報酬改定のときと同じですが、もしも2か月間の中断がなかったら、もっと議論を重ねられたということですか。

 はい。全体で6、7回はできたと思います。今回の議論では、各委員が毎回1回は発言するようになるべく配慮したので、意見は拾い上げられたと思っています。ただ、日本医師会をはじめ、各団体はそれぞれ自分の立場で発言をします。そうしたことを考えると、今後は改定前年でなくても話し合いを行うべきだし、会議の回数も増やすべきだと思います。
 委員の人数に関しても、検討の余地があります。医療部会には現在、30人近い委員が参加していますが、これだと人が多すぎて議論が拡散してしまいがちです。医療部会の下にワーキンググループのようなものを2-3つ立ち上げ、テーマごとにもっと議論を深めるべきだというのがわたしの意見です。このことは、厚労省側には既に伝えていますので、来年度以降、検討してほしいと思います。


【関連記事】
匿名座談会(後篇)「医療政策決める国民会議の実現を」
【中医協】来年度診療報酬改定で診療側・支払側が意見書
【中医協】来年度報酬改定の厚労相への意見書提出を見送り
診療報酬改定の基本方針を正式決定
診療報酬改定の基本方針固まる−社保審医療部会

お笑い界の牛若丸
s8hk9uhyの日記ブログ管理ツール
即日現金化
携帯ホームページ
無料携帯ホームページ
[PR]
# by qnfopcdtlf | 2010-01-09 19:18

外国と中小支援ファンド=新銀行再建にも有効−石原都知事(時事通信)

 東京都の石原慎太郎知事は9日までに時事通信のインタビューに応じ、「東京の中小企業の技術を育てて商品化するため、ポテンシャルのある外国と契約してファンドをつくる」と述べ、中小企業支援のためのファンドを外国政府と連携して設ける考えを明らかにした。知事は「(中小企業中心に融資する)新銀行東京の再建のためにも役立つ」と期待感を示した。
 ファンド創設の時期について知事は、「今年度内にはやりたい」と強調。残り任期を1年に控える中で、「(次期知事に)いい遺産を残すことになる」と述べた。 

【関連ニュース】
議会同意なければ断念=20年夏季五輪招致で
どの自治体も協力しない=子ども手当財源負担で
10年3月期は初の黒字へ=信用コスト減で
菅副総理に撤廃を要望=事業税の一部国税化
「新銀行」「築地移転」で特別委=民主、共産が賛成

2010年サンダース軍
m7ypicroのブログ
クレジットカード現金化 比較
自己破産
クレジットカード現金化
[PR]
# by qnfopcdtlf | 2010-01-09 10:34

<ひき逃げ>津市で90歳女性死亡 愛知の学生を容疑で逮捕(毎日新聞)

 三重県警津署は31日、愛知県豊田市汐見町、私立大学2年、田代真也容疑者(20)を自動車運転過失致死と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は30日夜、津市河芸町上野の市道で、近くの有料老人ホームに入所する伊藤とらさん(90)をはね、逃げたとしている。

 同署によると、伊藤さんは同日午後7時ごろ、通りかかった女性に倒れているのを発見され、病院に搬送されたが死亡。田代容疑者は同7時20分ごろ現場に現れ、歩いていた伊藤さんを軽乗用車ではねて逃げたことを認めた。調べに対し「気付いたらはねていて、怖くなって逃げた。家族に諭されて戻った」などと話しているという。【大野友嘉子】

【関連ニュース】
不適切発言:警官「出頭者はお年寄り。大目に見て」
米兵ひき逃げ:国家公安委員長に怒りの声伝える…読谷村長
ひき逃げ容疑:建設会社役員を逮捕 大阪・箕面で死亡事故
ひき逃げ:死亡事故で無免許運転の少年逮捕 千葉県警
ひき逃げ:運転手死亡 少年が出頭 千葉・八街

万里の頂上
グアラニー語で日本のニュースを読む
債務整理・自己破産
パチンコ攻略
ライブチャット
[PR]
# by qnfopcdtlf | 2010-01-06 15:11


二郎の魅力をたっぷりと
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧