ジロリアン魂



宇部市

宇部市(うべし)は、山口県西部の周防灘(瀬戸内海)に面した市。県内では3番目となる約18万人の人口を擁す。本市を中心として人口約26万人の宇部都市圏が形成されている。その他に福岡県北九州市などとの交流もあり、関門都市圏の一部でもある。宇部興産発祥の地である。現在でも、同社は本社機能の一部及び主力生産拠点を市内に置いており、沿岸部は同社を中心とした工業地帯が形成されている。宇部港が日本一のセメント輸出量を誇るなど、北九州工業地帯・瀬戸内工業地域の一翼を担う。また、山口宇部空港を擁し、山口県の空の玄関口である。山口大学医学部附属病院、宇部興産中央病院、独立行政法人国立病院機構山口宇部医療センターの3つの総合病院をはじめ、市内には多数の大規模病院が点在しており、10万人あたりの医師数が全国第1位の都市でもある。地理山口県西部の瀬戸内海側に位置する。県中西部を南北に貫流する厚東川の下流域にあたり、川の両岸に広がる平野部および海岸沿いの平地に人口が集中する。市南部に位置する中心市街地の南岸や市西部の海沿いの地域には海底炭田により埋め立てられた跡地や干拓により開墾された水田が広がり、「中野開作」「妻崎開作」などの地名が残る。市勢面積:287.68m?人口:177,499人 男性:84,454人女性:93,045人世帯数:77,011世帯(2007年8月末日)自然山:霜降山、荒滝山河川:厚東川、真締川、有帆川湖沼:常盤池、小野湖人口行政市長初代 国吉亮之輔(1922年3月22日?1926年3月21日)第2代 林仙輔(1926年4月6日?1928年6月30日/宇部共同義会結成者)第3代 紀藤閑之介(1928年7月1日?1929年4月20日/宇部時報創刊者)第4?5代 国吉信義(1929年4月21日?1935年12月16日/宇部曹達初代社長)第6代 紀藤閑之介(1935年12月17日?1938年7月29日/宇部時報創刊者)第7?8代 伊藤勘助(1938年7月30日?1946年1月21日)第9?10代 西田文次(1946年2月19日?1951年4月4日)第11?12代 三隅順輔(1951年4月23日?1987年4月30日)第13?15代 星出壽雄(1959年5月1日?1969年3月28日)第16代 西田竹一(1969年5月18日?1973年5月17日)第17代 新田圭二(1973年5月

<訃報>山口比呂志さん81歳=文化通信社名誉会長(毎日新聞)
治療日数を約3倍に水増し 詐欺容疑で柔道整復師ら再逮捕 (産経新聞)
年金納付率80%目標を下方修正=「09年度比上昇を」−機構中期計画(時事通信)
大阪府内での昨年の未成年の大麻摘発は40人と過去最多に(産経新聞)
<人事>最高裁(24日)(毎日新聞)
[PR]
by qnfopcdtlf | 2010-03-01 23:09
<< 東海道新幹線、線路に不審者立ち... 長崎知事選、自公系の中村氏初当... >>


二郎の魅力をたっぷりと
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧